真一です。仕事で北海道の旭川に転勤になり、今まで完全なペーパードライバーだったけど、意を決してどうにか運転できるようになりました。旭川では車がないとかなり不便ですから、車も買いました。中古の日産キューブです。
ただ、来年、車検なんです。車のことは、まるで詳しくないから、どうしていいのか、よくわかりません。
そこで、車検のことに関することを備忘録的にブログに記していこうと思います。
僕のように車に詳しくない人の参考になるかもしれないし。
車検って新車登録してから3年、その後2年ごとにやんなきゃいけないものなので、少しでも安く済ませたいと思います。
で、車検を最安値でする方法としては、いわゆるユーザー車検です。
車検を自分で陸運局に持ち込んで検査を通せば、安いことがわかりました。
詳しい内容を調べてみました。

基本的には、ユーザー車検は車の運転ができれば誰にでもできるそうです。とはいえ車の安全確保の観点で言えば、十分とは言えないんです。

車検は、車が国の定めた基準を満たしているかを国が検査するものです。国の基準に適合してさえすれば、劣化などで壊れそうになっていても合格します。なので、国の検査に合格したと言っても十分に安全が確保されているとは限らないんです。

ちなみに定期点検についても調べてみました。定期点検は、車を安全に、そして経済的に使えるように、定期的に点検と整備を、ユーザーの責任でするものです。

でも、別に定期点検しなかったとしても、罰則はありません。だから、定期点検は任意と勘違いしている人も多いそうです。

 

で、ユーザー車検なんですが、自分もしくは代行業者が陸運支局に車を持ち込み車検を受けます。本来は、定期点検を別途行う必要があるけど車検に合格すれば、定期点検しない人もかなりいるそうです。

あとは、世間で言う車検ですが、これはデイラーや整備工場とかで行う車検で、整備付き車検と言うそうです。
定期点検と必要な整備をして、その後、車検を受けるやり方です。

 

ユーザー車検ですが、いきなり僕のようなシロウトが、やるにはハードルが高過ぎですよね。資格を持っている人に代行してもらえば、整備料20,000円ぐらいなので、その方が安上がりかもしれません。

 

ユーザー車検って、安いからと言って、とりあえず車検に合格すれば良いだろうというのでは、安全性はありませんよね。
だから、車検とか仕組みを覚えれば、車検点検項目くらいの部品は自分で交換できるようになりますから。。。

その辺を理解しておかないとダメかなと思いました。